入力ウインドウ表示(I) または 使用データ(D)=***
QSOデータ入力ウインドウを表示させるには、このメニューでLOG-[A]LOG-[F] を選択します。
メインウインドウで、何らかのキー(EnterEscSpace等)を押しても、入力ウインドウ LOG-[A]が表示されます。

入力ウインドウNextLOGボタンをクリックするか、PageUP, PageDown キーを押すと入力ウインドウが切り替わり、ちょうどトランシーバーのVFOを切り替えるように、それぞれのデータは保持したまま6個のQSOデータを編集できます。
ただし、オプション(O) => 環境設定1 で、入力ウインドウがチェックされていないものは実行できません。

データ入力中のキー操作やショートカットキー

データはすべて左詰めで入力して下さい。文字列の左側に空白があると、周波数を認識できない、検索ができないなどの悪影響があります。












コールサイン 日付時間 RST 周波数・モード コード入力 グリッドロケーター 氏名・QTH QSL Remarks CQ 1 2

入力ウインドウを右クリックして表示されるポップアップメニュー の中に、入力環境設定があります。
ここで、各入力ウインドウ毎の環境設定ができます。

入力ウインドウ上のボタン、 Call〜Remarks2をクリックすると、その編集ボックスに文字カーソルが移動します。
それ以外の機能は、次のとおりです。
Callボタン
ダブルクリックで、コールサインの入力履歴一覧表示。 コールサイン欄で↓キーを押したのと同じです。
Date, Timeボタン
ダブルクリックで、現在の日付時間が入ります。 日付、時間欄で↓キーを押したのと同じです。
Freq, Modeボタン
ダブルクリックで、リストボックスが開いて選択入力することができます。 周波数、モード欄で↓キーを押したのと同じです。
Codeボタン
コードを1文字以上入力してダブルクリックした場合、コードを選択入力することができます。 コード欄で↓キーを押したのと同じです。
QTHボタン
ダブルクリックで、QTH検索用のポップアップメニューが表示されます。 QTH入力欄で↓キーを押したのと同じです。
Remarks1, 2ボタン
ダブルクリックで、リストボックスが開いて文字列を選択入力することができます。 Remarks欄で↓キーを押したのと同じです。
Ctrlキーを押しながらクリックすると、頭文字選択による自局移動運用地の入力ができます。
Clearボタン
編集バッファをクリアします。キー設定を変えなければ、Tabキーを押しても同じことができます。
NextLOGボタン
入力ウインドウをLOG-[A] → LOG-[F]の順で切り替えます。 Shiftキーを押しながらクリックすると、LOG-[A] → LOG-[F]の順で切り替えます。
Ctrlキーを押しながらクリックすると、ポップアップメニューが表示されます。
Saveボタン
編集中のデータを保存します。
ここでは、1件QSOデータを登録や修正する度に、確実にハードディスクに書き込んでいます。
これにより、入力中に停電やパソコンがハングアップしても安心です。
・・・と言いたいところですが、ディスクキャッシュによりWindowsでは遅延書き込みとなっています。
この遅延書き込みとは、処理が終わってCPUがアイドリング状態の時に行われます。
処理が終わってHDDのアクセスランプが消えた後の停電なら、まず大丈夫だと思います。

入力ウインドウ右上の時計表示
時刻を右クリックすると、ポップアップメニューが表示されて1ピクセル単位で表示位置を上下左右に調整することができます。
入力環境設定で、UTCにすることもできます。

(15)