入力項目Code入力
JCC/JCG/行政区/町村/DXコードを、最大6バイト入力します。(頭文字による選択入力

DXコードは、Turbo HAMLOG独自(DOS/Windows共通)のものです。
町村コードは、郡コードにアルファベットを付けたもので、もともとはJAG(ジャパン・アワードハンターズ・グループ)で使われていたものです。
10以上の町村を有する郡も存在するし、区と重複する場合もでてきますので、大変便利なコードです。
なお、を分けては管理しておりません。 町制施行した場合でも、コードは同じです。
町制施行のたびに新たなコードを割り当てていては、アルファベットが足りなくなりますし、現在のであったとき(戦後間もない頃など)のコードはどうするのか、という問題が出てくるからです。

DXコードは、[501A ]のように、それ以外のコードとは重複しない数字で割り当てました。左3桁の数字がエンティティーごとの通し番号で、4桁目のアルファベットは同一エンティティーで違うプリフィックスに _(アンダースコア)を付けます。 エンティティを代表するプリフィックスがAとなります。
この項目に入力されるDXコードは、必ず Aとなります。

国内QSOの場合
DXにチェックが入っている場合
通常この場合は海外局ですので、DXエンティティーを識別するための Turbo HAMLOG独自のDXコードを入力します。
自動的に入ってますので、特にいじる必要はないでしょう。

もし、マスターデータに登録されてないプリフィックスだった場合は、国内局同様ここでファンクションキーを押してウインドウをオープンさせ、DXエンティティーを代表するプリフィックスを入力し、コードを選択します。

DXエンティティーを代表するプリフィックスは4桁目がA で、5,6桁目は空白です。同一エンティティーで違うプリフィックスには4桁目に _(アンダースコア)を使い、5,6桁目については空白を入れます。

DXエンティティー入力のからくり
コールサインのプリフィックスから3文字持ってきて、該当するデータがマスターデータ中に存在するか確かめます。
 【例】 'C21AA ' ==> 'C21'
存在しなければ、末尾を空白にしてさらに探します。(3バイトで検索)
 【例】 'F9F' ==> 'F9 ' ==> 'F '
それでも存在しなければ、末尾を切りつめて検索します。
 【例】 'F9F' ==> 'F9' ==> 'F'

ここで2個以上検索できれば一覧表示され、一つしかなければ直接入力されます。

東京都23区のダミーデータについて
2010年4月1日から、特別区がとしてカウントされることになりました。
このことに伴い、Turbo HAMLOG/WinではJCCコードのダミーとして、1051から1073までのコードが登録されています。
しかし、あくまでもJCCカウント用のダミーデータなので、東京都のとQSOした場合は、のコードを入力してください。
公式なコードではありませんので、QSOデータにダミーデータを登録しないでください。
道の駅Get'sが起動している場合
コードを2文字以上入力し、Alt+↓キー、またはShift+↓キーを押すと、道の駅Get'sがアクティブになって該当する道の駅を選択します。
道の駅Get's上でこのままEnterキーを押す、市区町村名と道の駅名がHAMLOGに取り込まれます。Escキーでは単に道の駅Get'sが前面になるだけです。

(39)