入力項目QSL
QSLの項目は3バイトの入力です。
この項目は、左から1バイトずつ QSLカードの経由先/QSL発行済み/QSL受領済み の順です。

「QSLカードの経由先」の1バイトは、各入力ウインドウごとに前回入力した値が残っています。(環境設定QSLの初期値は常に "J"がチェックされてある場合を除く)

どのように入力されても結構ですが、QSLを発行(印刷)しない場合は Nを、QSLマネージャー経由の場合は M を、またそのQSOをJCC/G等にカウントさせたくない場合は環境設定1のWkd/Cfm除外 で指定した文字を入力してください。英字の場合は、大文字限定です。

「QSLカードの経由先」にMと入力されてあり、Remarks1・2のどちらかに@JG1MOU のように入力されてあれば、QSLマネージャー経由と判断し、そのコールサインをQSLカードのJARL転送枠に印字することができます。 Remarksを参照下さい

「QSL発行済み」「QSL受領済み」は、どのように入力されてもかまいません。ここは、入力されてあるか、されていないかで判断します。
英字の場合は、大文字で入ります。Shiftキーを押しながら英字キーを押すと、小文字で入ります。

(42)