検索(S)コールサイン部分文字列  氏名  QTH  Remarks
検索に当たっては、QSOデータを新しい方から古いほうに向かって1件ずつ比較していきますので、検索速度はQSOデータの件数に比例して時間がかかるようになります。
つまり、5万件のデータで4秒かかれば、10万件のデータでは8秒かかります。(たぶん)

検索結果の一覧上で右クリックするとメニューが表示され、複合条件検索で指定した定義ファイルに基づき、検索されたデータの 印刷、削除(検索結果のみ削除)、編集を行うことができます。

検索結果の一覧上でスペースキーを押すと、そのデータを上記メニューにより、検索結果から削除することができます。
部分文字列検索
コールサインの一部を入れると、部分文字列で検索します。
ワイルドカード検索
ワイルドカード・サーチのように、*@を任意の文字列、^ \ [ ; : ] , . +などの記号を任意の1文字として検索することもできます。

【例】??7Y*/* で検索
7エリアのコールサインで、サフィックスがYから始まる移動局が検索されます。

(59)