設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 キー割当 プルダウン 設定6
緯度経度
自局運用地の緯度経度を入力しておいてください。
西経・南緯の場合は、度・分・秒の値をマイナスにしてください。
方位と距離を表示する
チェックされていると、JCCコード等を入力したときやテキストデータ等にヒットしてJCCコード等が取り込まれたとき、相手局への方位と距離がデータ入力ウインドウ右上に表示されます。
方位の矢印を表示する
チェックされていると赤色の矢印でローテーターの方角を示します。北が上向きです。
これは、マスターデータ(HAMLOG.MST)に入力されている緯度経度をもとに方位と距離を計算しているわけですが、マスターデータの緯度経度は、市区役所・町村役場の緯度経度です。DXの場合は首都です。
交信相手の場所までの距離や方位ではありませんので、だいたいの目安としてください。
自局の緯度経度は、地図ソフトカーナビゲーションで得るのが簡単です。
パソコン(ディスプレードライバ)によっては、矢印のビットマップが化けてしまうことがあります。
2地点間の緯度経度をもとに方位と距離を計算する方法は、JA4FZQ伊藤OMがNifty FHAM会議室で示した計算方法を参考にさせていただきました。Tnx JA4FZQ
緯度経度待避ボタン
表示されている緯度経度情報がコンボボックスに退避されます。
復帰ボタン
コンボボックスに表示されている緯度経度が、編集可能な緯度経度欄に戻されます。
移動運用時には固定運用時の緯度経度情報を待避しておき、移動から帰ってきたときに復帰させると便利です。
緯度経度情報は、最大50箇所を退避しておくことができます。つまり、50箇所の運用地を登録しておくことができます。
コールサインメモは取得後クリアする
チェックされているとコールサイン・メモにメモしておいた位置でEnterキーかダブルクリックをして入力ウインドウに取り込んだとき、コールサインメモがクリアされます。
QSL受領あきらめマーク
ここで指定した文字は、Cfm件数には反映されません。(カードを受領したことにはなりません。)
何年経ってもQSLカードを送ってこない局には、ここで指定した文字をQSL受領マークとして入力しておくと良いでしょう。
アルファベットの大文字と小文字は、別文字ですのでご注意下さい。
QSL受領あきらめマークはQSL未着で表示しない
チェックしてあると、あきらめマークが入ったデータはQSL未着一覧、QSL未着コール順一覧で表示しません。
入力時、消滅エンティティは表示しない
チェックしてあると、コールサインを入力してDXエンティティを自動入力させるときに、消滅エンティティは除外します。
過去のQSOからQTHを取得 (国内QSOのときに動作します。)
チェックしてあると、入力ウインドウのコールサインを入力して2nd-QSO以上だった場合、相手局との交信履歴のうち最新の固定運用のデータから CODE QTHを取り込みます。
ただし、この取り込みよりも、ユーザーリスト等にヒットしていれば、そちらからの取り込みを優先します。
もし、相手局が移動運用だった場合や、相手局との交信履歴がすべて移動運用だった場合は、過去のQSOからはいっさい取り込みません。
コールサイン入力時はスペース・キーを押すと"/"
チェックしてあると、入力ウインドウコールサインの項目で、スペースキーを押すと /が入ります。移動運用局の /入力の簡略化のためです。
起動時にデータを読み込む
チェックしてあると、このソフトの起動時にQSOデータを空読みします。
読み込まれた内容は、OSのディスクキャッシュに蓄えられますので、次回からはキャッシュメモリを読みに行きます。
したがって、動作が軽く感じられます。ただし、パソコンの能力が低い場合は、1回目のTurbo HAMLOG/Winの起動に時間を要すかもしれません。
デフォルトのエリアナンバー
いつも運用するエリアナンバーを指定してください。JCC/G等のコード入力時に、特にエリアの指定が無かった場合に適用されます。
入力ウインドウで、Ctrlキーを押しながらRemarks1・2ボタンをクリックして自局移動運用地を入力するとき便利です。

(93)