バンド・モード別状況 (環境設定4
下図のようなウインドウが表示され、バンドごと、モードごとのWkd/Cfm状況が確認できます。

入力ウインドウで右クリックしたときのポップアップメニューと、メインメニューの表示メニューバンド・モード別状況で表示します。
また、環境設定4バンド・モード別状況表示にチェックが入っていると、JCC/JCG等コードを入力したときや、コールサイン入力と同時にJCC/JCG等コードが入力されたときも表示されます。
都道府県コードのみでも表示します。

除外QSL受領マークについて
右クリックしたときのポップアップメニューで、この機能で除外したいQSL受領マークを指定することができます。
上図右側の例では、QSL欄の3文字目にNまたはEが入っているデータを除外します。
QSL欄1文字目の除外したい文字は、環境設定1のWkd/Cfm除外で指定したものが適用されます。
レコード番号指定について
上図左側の例では、1以降を指定していますので全てのQSOが対象となります。
例えば、今年に入ってからのQSOを対象としたい場合は、今年最初のQSOのレコード番号を入れておきます。
この数字をレコード件数よりも大きく取ると、その後はバンド・モード別状況が表示されなくなってしまいますので、その場合は入力ウインドウで右クリックしてポップアップメニューで表示させ、調整してください。
電波型式は、入力された文字列で判断していますので、例えば、J3E, SSB, A3J これらは別々の電波型式として表示されます。
 周波数は、入力されたものの小数点以下をカットして表示してます。
 ただし、1.9MHzと3.5MHzについては、小数点以下一桁までを表示しています。
 たまたま検索された周波数で表示していますので、例えば430MHz帯であっても433などと表示されることがあります。

(103)