ログ入力設定 - リグ接続設定
 環境設定の設定4・設定5リグと接続 にチェックが入っていると、リアルタイムで周波数やモードを入力ウインドウに取得したり、入力ウインドウの周波数やモードをリグに転送することができます。詳しくは、リグのマニュアルを参照してください。

アイコムの固定機から情報を取得する   ケンウッド・ヤエス・JRCの固定機から情報を取得する (FT-2000/9000ではケンウッド機を選択してください。)
タイマー・コマンド
主にヤエスのリグで使用します。
通常はゼロです。ゼロでは機能しません。
ヤエスのリグでは、リグのダイヤルを回したりモードを変えたりしても、その情報を送ってくれません。
そのため、一定間隔で「周波数情報を送れ」というようなコマンドを送ってやる必要があります。
ここで例えば5を指定すると、0.5秒間隔でコマンドを送り続けます。
1KHz単位
このドロップダウンリストでは、リグからの情報をどのように扱うかを選択します。
取得しない  リグから情報は、入力ウインドウをクリアしたときだけ取得します。
1KHz単位  1KHz未満を切り捨てて取得します。
KHz四捨五入 1KHz未満を四捨五入して取得します。
全桁を取得  可能な範囲で取得します。通常は10Hz単位までです。
リグ識別メモ
この欄に書き込んだ文字列は、入力ウインドウのタイトルバーに表示されます。
現在どのリグと連動しているのかわかるように、機種名等を記入しておいてください。
トランスバータ周波数補正
固定機にトランスバータを接続して別のバンドにオンエアしている場合、親機との差の周波数をここで設定してください。
例えば、28MHzから50MHzに持ち上げている場合、ここを 22MHzに設定すれば、親機の周波数が28MHzでもTurbo HAMLOG/Winの周波数欄は50MHzと表示されます。
拡張機能
リグごとにその用途が異なります。 アイコムケンウッド・ヤエス・JRCの説明を参照ください。
 ここで設定したリグは、環境設定で指定したリグと一致しなければなりません。
※参考※ HAMLOGW.INIについて
[RigCom]
DTR3=0
このように記述すると、リグ接続においてCOM3DTRはOFFのまま起動します。
DTR3の3がCOM番号です。リグ接続で使用するCOM番号を指定します。
RTS1=0
このように記述すると、リグ接続においてCOM1RTSはOFFのまま起動します。概要は、DTRと同じです。

※参考※ HAMLOGW2.INIについて
[A_HAMLOG]
PTT=1
数字はCOMポートの番号です。このように記述すると、PTT-ON(送信時)に COM1RTS信号がONとなります。
PTT=2,DTR
このように記述すると、PTT-ON(送信時)に COM2DTR信号がONとなります。
 ただし、この機能によりオープンできるCOMポートは一つだけで、リグと接続とは別のCOMポートです。
 最近のリグはPTTのON/OFFコマンドが備わっていますので、上記機能ではなく通常のリグ接続の方が便利です。

(108)