HAMLOG E-Mail QSL 通信設定  元に戻る  交信の照合  電子QSL環境設定  Q&A  本ソフトの相談室はこちら
○ まずは通信設定  メニューの オプション → 通信設定と進んでください。
↓作者の設定です。(メールアドレスは架空ですよ。)

パスワード のチェックを外すと文字が見えるようになります。
@ まず最初に、HAMLOGサーバの認証です。
ユーザー登録時のコールサインとパスワードを入力し、認証確認ボタンをクリックします。
認証がOKであれば、Aに進みます。

A 次に、メールの設定です。
電子QSL用に使いたいメールアドレスを登録します。
本ソフトによる電子QSLを希望する場合は、そのメールアドレスを登録してください。
メールアドレスの登録ボタンをクリックすると、HAMLOGサーバに電子QSL送受信用のメールアドレスが登録されます。
登録を解除したいときは、空欄にして登録し直します。
メールアドレスを変更するときは、そのまま新しいメールアドレスを登録してください。

次に、プロバイダのメールアカウントと、メール用のパスワードを登録します。
プロバイダから送られてきた資料などを確認してください。
タイムアウト時間は、60秒が初期値です。メールサーバの反応が遅いときは120秒以上に設定してみてください。

B 次にSMTP設定です。
ここでつまずく方が多いのではないかと思いますが、ご契約されているプロバイダのホームページでメール設定を確認してください。
・・・としか言いようがありません。
他人が契約しているプロバイダは知りませんので。
このページの下のほうに各局の成功例を載せましたので、参考にしてください。
設定が完了したら、送信確認を実行してみてください。
ご自分あてにメールのテストを送ります。

C 次にPOP3設定です。
これも同様です。設定が完了したら、受信確認を実行してみてください。
先ほどのメールのテストが受信できれば成功です。
個人的な感想としては、Yahooメールが無料で設定が簡単でした。

受信後サーバから削除は、受信後にメールサーバからHAMLOG QSLメールのみ削除します。
ただし、この受信確認では削除しません。
D 最後に保存ボタンをクリックしてください。

ここで正常に動作しても、プロバイダの設定や、セキュリティソフトの設定で、迷惑メール防止機能が働いて受信や送信ができないことがあります。
 特に、プロバイダの個人設定で迷惑メール拒否の設定になっていて、受信できない例が多いようです。
 (参考)メール設定で最初につまずく『SMTP』『POP』
● 参考まで、各プロバイダの設定について、皆さんから情報をいただきました。
〇 ウイルスバスターやノートンでは、本ソフトを例外設定の対象にしてみてください。
● WindowsのUAC(
ユーザーアカウント制御設定)を最低にしてみるとか、管理者権限で動作させてみるとか、お試しください。
〇 接続に成功しても、プロバイダの個人設定が迷惑メール拒否になっていて受信できない場合もあるようです。

@nifty  作者の設定例ですSSLも対応しています。



ヤフー(Yahoo)  作者の設定例です。
「管理者権限で動作させたら、送受信ができた」というレポートをいただいています。
 作者のところでは、UACをWindowsの初期設定、一般ユーザー権限で動作させても、問題ありませんでした。
YahooメールGmail などは、Webメールとして使用する場合が多いと思います。

 通常、Webメールでは、メールサーバ上にメールを置いたままにします。

 一方、一般のメールソフトでは全メールを受信し、受信後はメールサーバ上のメールは削除します。
 (本ソフトでは、ハムログQSLのメールのみ削除します。)

 したがって、YahooメールやGmailなどのメールアドレスを使う場合は、なるべくメールサーバは空に近い状態にしておいたほうが動作が軽快になります。

 可能であれば、本システム専用としたほうが良いでしょう。


Gmail 右側は作者の設定例です。スマホを使った2段階認証でアプリパスワードを作成し、本ソフトのパスワード欄に入力します。
メールアドレスは架空ですよ→

認証方法は、LOGIN, PLAIN どちらでもOKでした。


Tnx to JE1PHS


BIGLOBE(ビッグローブ)  Tnx to 7L4XDT, JK3UDU, JA6PAV   メール設定のリンク
  





DION Tnx to JM1VWQ, JI3ERY, JH1ECN
  





アサヒネット Tnx to JA8GDD, JA0AMA
  



plala(ぷらら)  Tnx to JR0NEA, JO1XDV  メールの設定について
  



OCN Tnx to JN3MXT   メールの設定について




WAKWAK Tnx to JA0BYV




So-net(ソネット) Tnx to JA7WFT




hi-ho(ハイホー) Tnx to JH1JBP




アルファネット Tnx to JI1ILB




eo光(イオ光) Tnx to JK3JXP, JA3LEV
  



ZAQ Tnx to JA3FDK  ZAQメール設定




九州電力 bbiq Tnx to JO6XMM




(TNC)TOKAIネットワーククラブ Tnx to JR2IKH




大垣ケーブルTV Tnx to JF2RJP




J:COM 大分ケーブルテレコム Tnx to JE6LAO



【メール設定についての概要】 ※正確とは言えないかも知れません。
〇 認証とは
IDとパスワードなどにより、ユーザー本人からのアクセスであることをサーバが確認することです。

〇 SMTP設定(送信)
  ポート番号は、次の3種類が一般的です。
25番 一般的に利用されているメール送信ポートで、暗号化なしです。
ユーザーの認証機能がありませんので、迷惑メールの配信に最も利用されているポートのため、各プロバイダ(インターネット接続業者)から送信制限の対象となっています。
587番 サブミッションポートと呼ばれるポートです。
587番ポートはメールを送信する際にSMTP認証(SMTP AUTH)が必要になりますので、ほとんどのプロバイダが推奨しています。
465番 電子メールを送信するときにメールソフトとサーバー間をSSL通信します。
メール経路暗号化(SMTP over SSL)の専用ポートです。 【初期値】

  SSLの設定(暗号化の方式)です。
使用しない 暗号化しません。
over SSL 3.0 SSL Version3を使用します。
over TLS 1.0 TLS Versino1を使用します。 【初期値】
STARTTLS STARTTLS を使用します。

  認証方法
使用しない 認証を行いません。
PLAIN それぞれ暗号化された認証方式です。
LOGIN
CRAM-MD5
DIGEST-MD5
すべての認証 上記4種類の認証を自動選択 【初期値】
本ソフトは、POP before SMTP認証方式には対応していません。
〇 POP3設定(受信)
  ポート番号は、次の2種類が一般的です。
110番 一般的に利用されているメール受信ポートです。
ほとんどのメールソフトで標準設定となっています。
995番 メール経路暗号化(POP over SSL)の専用ポートです。
通常、SSLやTLSのときに使用します。 【初期値】
本ソフトは、IMAP4には対応していません。(143番、993番)

  SSLの設定
SMTP設定のSSLと同様です。

  APOP認証
パスワードを暗号化して送信する認証方式です。 【初期設定でOFF】
SSL設定のほうが、全体を暗号化するのでより安全のようです。
いずれも、プロバイダが指定しているものを選択してください。
〇 SMTP設定時、送信確認のエラーメッセージ エラー番号の参考
接続できません!サーバ名/ポート番号/SSL設定を確認
メールサーバに接続できません。
プロバイダのSMTPサーバ名、プロバイダから指定されたポート番号、SSL(暗号)設定を確認してください。

(No?) 認証できません!アカウント/パスワード/認証方法を確認
たぶん接続は成功しています。
No-1 接続エラー等
No-2 認証失敗
No-4 タイムアウト
No-8 サーバーが指定の認証形式に非対応
その他

(No?) 送信できません!(アドレスの確認)
たぶん接続と認証は成功しています。
No-1 接続エラー等
No-4 タイムアウト
No-550送信先のメールアドレスが存在しない
その他
〇 POP3設定時、受信確認のエラーメッセージ
接続できません!サーバ名/ポート番号/SSL設定を確認
メールサーバに接続できません。
プロバイダのPOP3サーバ名、プロバイダから指定されたポート番号、SSL(暗号)設定を確認してください。

(No?) 認証できません!アカウント/パスワード/APOP?を確認
たぶん接続は成功しています。
No-1 接続エラー等
No-2 認証失敗
No-4 タイムアウト
その他

(No?) メール情報が取得できません!
たぶん接続と認証は成功しています。
No-1 接続エラー等
No-4 タイムアウト
その他
先頭に戻る