HAMLOG E-Mail QSL Q&A  元に戻る  交信の照合  送信済み電子QSL  通信設定  電子QSL環境設定  本ソフトの相談室はこちら

Q1 メールアドレスは、ハムログ・ユーザーリスト用のものを使うのでしょうか? JARL.COMがいいのでしょうか? お勧めはありますか?
ハムログ・ユーザーリスト用のパスワードが送られてくるメールアドレスとは別に登録します。同じメアドでもOKです。
普段、メール用に使っているアドレスを使いますが、可能であれば、専用のメールアドレスを取得したほうが管理しやすいと思います。

Q2 「5件の電子QSLを受信しました。」と表示されるのに、表示させてみると届いたのは4件でした。なぜ?
HAMLOG-QSLの電子メールは5件受信しているのですが、同じものを2回送った人がいたため、電子QSLが上書きされてしまって4件になってしまった、ということです。
同じ交信に対して2度送られてきた場合は、2回目は修正版と考えることができます。
なお、交信記録がファイル名となっていますので、例えばハムログ上で周波数を1kHz修正して再度送信すると、上書きされませんので、1交信に対して電子QSLが二つ存在することになります。

Q3 普段使っているメールソフトで電子QSLを受信すると、このソフトでは電子QSLが受信できなくなるのですが。
一般的に、メールソフトでメールを受信すると、メールサーバから受信済みのメールは削除します。
先に本ソフトで電子QSLの受信チェックをして、その後にメールソフトでメールを受信するクセをつけておくとよろしいかと思います。
できれば、通常のメールソフトとは別のメールアドレスを取得し、本ソフト用で使用するのがよいかと思います。

Q4 送信確認と受信確認は問題ないのですが、HAMLOG-QSL登録者に送信できません。
原因はよくわからないのですが、管理者権限で動作させたらうまくいった、というレポートをいただいています。
また、WindowsのUAC(ユーザーアカウント制御)の設定も確認してみてください。
作者のところでは、管理者権限ではなくユーザー権限で動作させて、UACは最低にしています。
それから、連続して送信すると、ウイルスバスターからランサムウエア扱いをされたこともありました。これについては、本ソフトを「許可」することにより、その後は問題ありませんでした。

本ソフトは、あちこちにメールを送信するソフトなので、不正なソフトとしてウイルスバスターやノートンなどが誤検知し、メール送信ができない、あるいは警告が出ることが考えられます。
ウイルスバスターの場合は、次のように例外設定をしておくことで、正常に動作するようになります。
Q5 送信確認と受信確認は問題ないのですが、他局からの電子QSLが受信できません。
よくある例としては、プロバイダの迷惑メール拒否の設定が有効になっている場合です。
本ソフトは、JPEGファイルを添付してメールで送るので、プロバイダのメールサーバで「迷惑メール」として処理されてしまうことがあります。
契約しているプロバイダの個人設定で、迷惑メール拒否の設定を解除してみてください。
また、セキュリティソフトにより「迷惑メール」として処理されてしまうことも考えられますので、ご確認ください。

Q6 電子QSLを送ってくれた交信局に電子QSLを送ろうとしたら、未登録でした。
お使いのHAMLOGユーザーリストは、最新のものをお使いください。
例えば、一カ月前にダウンロードしたユーザーリストを使っていて、相手が先週登録した局である場合、組み込んであるユーザーリストには登録されていないので送信できません。

Q7 交信時、HAMLOG E-Mail QSLのみの交換を約束したので、紙QSLは印刷したくないのですが、楽な方法はありますか?
HAMLOG側の設定になりますが、作者の場合は次のようにしています。
HAMLOGのQSL印刷ダイアログで、印刷除外QSLに NH と入れておきます。これは、ノーQSLとハムログQSLでは印刷しない設定です。
交信中には、入力ウインドウのQSL欄JH に書き換えて交信を終了します。

Q8 HAMLOG-QSLを送信すると、HAMLOGのQSL欄が[JE ]となりますが、紙QSLを印刷すると[J* ]となってしまいます。両方送ったので[JW ]としたいのですが。
HAMLOG側の設定となりますが、QSLカード印刷の定義ファイルの途中に次の2行を書き加えてください。
  ? Qsl2 "E"
  #Mark="W"
これは、QSL欄の2文字目がEだったらWに書き換える、という命令です。

Q9 メールアカウントを複数使い分けたいのですが。
ちょっと高度ですが、作者の場合はMailQSL.INIファイルをエディタで書き換えて使い分けています。
MailQSL.EXEを終了させて、セクション名を書き換えます。
作者の場合、次のように書き換えてYahooが有効でNiftyGMailは無効になっています。[Option]が有効なセクション名です。

[Option Nifty]
SmtpName=smtp.nifty.com
Pop3Name=pop.nifty.com
・・・省略・・・

[Option Gmail]
SmtpName=smtp.gmail.com
Pop3Name=pop.gmail.com
・・・省略・・・

[Option]
SmtpName=smtp.mail.yahoo.co.jp
Pop3Name=pop.mail.yahoo.co.jp

書き換えたら、必ずHAMLOGサーバにメールアドレスの登録を行ってください。