レクサス RX450h
レクサス RX450hです。

3.5リットルV6エンジンに、
電気モーターです。

諸元
 長さ4,770mm/幅1,885mm/高さ1,690mm
 ホイールベース2,740mm 重量2,090Kg
 V型6気筒DOHC 3,456cc 249ps/32.3kg
 フロントモーター 167ps/34.2Kg
 リヤモーター 68ps/14.2Kg
 総合出力は299psだとか。

 2009年8月納車で、約22,000Km走行しました。(2010年10月現在)
 排気量の割に燃費が良く、気に入っております。 我が人生、最後の贅沢であります。Xがよくぞ首を縦に振った。

 燃費重視のセッティングのせいか、普通にアクセル踏んでも重いです。信号待ちでは周りのクルマに置いていかれます。
 しかし、ぐいっと踏み込むと、一昔前の過給機付きのクルマみたいに一瞬遅れてグワーッと加速します。
 さすがに300馬力近いだけのことはあります。

お気に入りの点・・・
  • 燃費が良い。

  • レクサスブランドであること。内装も良い。

  • 車体が大きいせいか、ロングドライブが楽。

  • 走行中の車内は、とても静かで快適。
    信号待ちのときなどエンジンが止まるため、静か過ぎて慣れるまで時間がかかりました。
    一般道を走行中のときでも、定速ではエンジンが止まります。(モーターで走ってます)

  • 回生ブレーキのおかげで、ブレーキのカスがあまりでない。従って、ブレーキパッドが減らない。
    なにしろ、普通に走行した直後にディスクブレーキを触ることができる。

  • CVTなのに6速ミッションもどきとなっているため、長い下り坂などのエンジンブレーキでギアを選べる。

  • カーナビの操作がマウスみたいで、慣れると楽です。

  • ハンドルを切ると、ヘッドライトもその方向を照らしてくれるのは助かる。
    ただ、LEDのヘッドライトは熱をもたないので、降雪時は雪が付着するみたい。
    そのためにウオッシャーが付いているんだけど。

  • 防眩ミラーが自動なのは、慣れると楽。

  • 地図の更新がオンラインなので、常に新しい状態で走行できる。(走行中に地図更新)
    天気予報(目的地の天気も)やニュースもオンラインで読み上げてくれる。

  • セキュリティが万全。鍵や窓を閉め忘れたりすると、携帯にメールで通知がくるのはいいいが、
    クルマの掃除中などはうざい。
困った点・・・
  • 小物入れが案外少ない。特に後部は、走行用バッテリーや補機バッテリーで占有されているため。

  • FR車からの乗り換えだったので、FF特有のハンドリングに最初は慣れなかった。
    高速道路など全開加速で車線変更すると、パワーがあるためハンドルが取られるようでちょっと怖かったです。
    トルクステアってやつですね。

  • インバーターノイズのせいで、144MHz帯以下のバンドは使いものにならない。

  • 雨滴感知型のオートワイパーが使いづらい。動いて欲しいときに動かなかったり、前がよく見えるのに動いたり。
    間欠間隔の調整可能な、普通の間欠ワイパーのモードも欲しい。

  • 車外にいると、始動時のブロローン というV6エンジンの音が案外うるさい。トラックみたい。
    どこがプレミアムSUVなんじゃ!

  • 値段が高かった・・・トホホ。 タイヤは235/60R18ってことで、近い将来の出費が痛そう。

  • タコメーターが欲しい。エンジンが回ってるのかどうか、よくわからんことがある。

  • 最近のトヨタの高級車は、タイヤハウスが黒い絨毯みたいな材質のため、枯葉などのゴミが取れない。

  • オーナーズデスクはほとんど使わない。最初は何回か使ったけど、さほど役に立たないので必要性を感じない。
    接遇が良く親身に対応はしてくれるが、自分で調べても時間的にはさほど変わりは無いようだ。
この燃費表示、最高18Km/L台を記録したことが
あります。

高速道路を使わない遠乗りで、リッター
14Km〜15Km
モーター走行が多くなるためです。

高速道路を使うと、ちょっと悪くなってリッター
12Km〜13Km

冬場の通勤では、暖房のためにエンジンが
回りっぱなしなので、8Km台
調子のいいときは、こんなに走るんですよ。

給油後114Km走行し、さらに674Km走行可能です。
夜はこんな感じ・・・
碓氷峠のめがね橋にて・・・
栃木県日光市 前日光牧場の駐車場にて

移動運用であります。
7MHz フルサイズ・ホイップアンテナです。

栃木県芳賀郡市貝町にて移動運用中
当然、ノイズがすごいのでエンジンは停止

っていうか、ハイブリッドシステムは停止


カウンターポイズは面倒だから張らずに、
エンジンのボンディング部分にワニ口クリップ
でアースしてます。
7MHz フルサイズ・バーチカルの給電部分

踏み立て君にFRPポールが入らないので、
丸い木の棒と塩ビパイプを使いました。
エンジンのボンディング部分にアース

これで十分 7MHzに出られます。


しかし、このエンジン、
ファンベルトが見当たらない。


茨城県桜川市での移動運用です。背景は筑波山

給電点8m高、フルサイズの逆Vです。
移動用アルミポールCP-60Lに、アルミ棒2メートル強
を継ぎ足してます。

車体にアースを取る必要がないので、ハイブリッド
システムをONしてもインバータノイズが少ないです。
ただ、エンジンが回りだしたときのノイズはちょっと
多いですね。我慢すればなんとか・・・

やはり7MHzは、ダイポールが一番のようです。
ガンガン入ってきます。
問題は、運用する場所ですが。。。

戻る